ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう

アクセスカウンタ

zoom RSS スイングの軸はここです!

<<   作成日時 : 2009/02/19 06:12   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

プロがテレビや雑誌でよくクラブのシャフトを背中の真ん中に縦に当てて、「スイングの軸はここです」と説明しますが、それは下図の「回転軸A」に見えます。しかし私が長年ゴルフをやってきた中で見つけた回転軸は、図の「回転軸B」です。特にメガネのゴルファーにはトップでボールが見え難くなりますから、図の「回転軸C」が楽ですが、これだと踏ん張れないです。トップで体重が右足の付け根の内側にすっぽり乗るのは、断然「回転軸B」です。

画像

      図をクリックすると別画面で拡大して鮮明にご覧いただけます

特にめがねゴルファーは、気をつけるといいです。

 ============================
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
71テーマを102ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちらのダウンロードサイトから

ヤフオクでも取り扱っています。
マイ・オークションをごらんください
ヤフオクでのこの商材の評価はご参考までに、こちらです。


サイト内アクセスランキング

@簡単に飛距離アップのスウィングをマスターする方法

A「腰を切る」と「からだが開く」の違い

Bトップの切り返し

Cグリップがなぜ重要か 〜勘違いしてない?

D左手スウィングの簡単な練習方法

E「クラブが立って降りてくる」とは

F左腕主導で腰を切ることのメリット

Gアイアンショットはクラブヘッドをどこに入れてどこに抜いてやるかにある

H飛距離アップのスイング改造が簡単に出来る人と出来ない人の違い

Iゴルフの飛距離は何で決まるか?

J「左腕とクラブの一体化」とは


 ============================


めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」


ゴルフスイングのエッセンスが満載の教材はこれに決まり!
身長166センチで非力の中年アマチュアゴルファーの私は、最近は2〜3ヶ月に1度のゴルフで、練習も殆どせず、筋力トレーニングも全くやらずに、若い頃にレッスンプロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。飛距離は力ではなくスウィングによることを皆さんにお知らせしたくてブログを始めましたところ、短期間で爆発的にアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルにまとめて配布することにしました。このブログはアスリートゴルファー向けというよりは、悩める中年ゴルファー向けのものです。ゴルフで永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パターで打ったボールが気持ちよく転がればいいなと願う方々への一助になればと希望いたします。
1,480円




============================

他人さまの類似商品もアフィリエイトしています。

29,800円  
あなたのゴルフのスコアを素早く18縮める5つの方法

19,800円  
呆れるほどぶっ飛んでしまう 骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!   

19,800円  
元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法

19,800円  
一万人を見てきた熟練キャディーが教える、究極のゴルフ上達法90日間完全返金保障付き

16,800円  
ゴルフが最短距離で上達する方法

14,800円  
ゴルフ7日間シングルプログラム

14,010円  
25年間100を切れなかった超へっぽこゴルファーでもわずか半年で平均30もスコアを縮めた、最短ゴルフ上達法:DVDパーフェクトセット「ティーチングプロの逆襲」

12,800円  
100を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法

9,800円  
スウィングだけじゃない、ゴルフスコアアップの秘訣

1,480円  

めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」
(これは、私のものです)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「フェースを開く」を誤解する人が非常に多いです
ガードバンカーからサンドウェッジを使って1発で脱出する秘訣は、2つです。ひとつは「フェースを開く」こと。もうひとつは「●●●で振りぬく」こと。「フェースを開く」を誤解する人が非常に多いですが、正しくは図のように一旦スクエアに左手で握ったクラブを掌(てのひら)を開いて右手でクラブを持ってフェースを開いた形にして左手で改めて握りなおすことを言います。左手の握りを変えないままで左手首を甲側に折るのは、間違いです。「●●●で振りぬく」のは、このブログのエッセンスとしてこれまで繰り返し何度も書いてきたこと... ...続きを見る
ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!
2009/02/19 06:14
きれいなグリップ
上級者ほど「きれいなグリップ」をしていて、上級者ほど1打ごとにグリップに非常に気を使うということをご存知でしょうか。ここで言う「グリップ」は、部品としてのゴム製の「グリップ」ではなく、「ゴルフクラブの握り具合」という意味合いです。ゴルフは凄い必然の科学現象です。直径4センチ余りのボールを100メートル以上も先の目標に向けて落とすのに、なま身の体が直接ボールに触れるのではなくて、あいだに道具を介して、しかもボールが放物線を描くのならまだしもスピンがかかって独特の球筋で飛ぶ球体が、時として非常に正確... ...続きを見る
ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!
2009/02/20 06:45
下手な人は、打った瞬間にパターヘッドを止めてしまう
転がりのよいパットの打ち方のコツは、打った後のフォロースルーを目標に向かって長く取るとよいです。「ころがりのよいパット」というのは、長いパットで普通なら止まりそうな勢いのときにススーッとタマ足が伸びて直線的にカップに届く現象をいいます。パターの下手な人は、打った瞬間にパターヘッドを止めてしまうという共通点があります。パターで大きくバックスイングを取る代わりに、フォロースルーが全く少ない!これって、ショットと同じ欠点ですね。逆に小さなバックスイングで大きなフォロースルーを真っ直ぐ目標に向かって意識... ...続きを見る
ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!
2009/02/21 08:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイングの軸はここです! ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる