ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとマニアックなシャフトを二つ

<<   作成日時 : 2009/10/18 05:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

シャフトを選ぶポイントを記しましたが、どうしても数値で表せない特性として「弾き」と「粘り」があると思いますが、私が個人的に「ほんとうにいいな」と思えるシャフトをご紹介しますと、かなりマニアックな話になりますが、俗に「ブルーGの7.0」とツアステの「ツアーADのIZ-70M」を自信をもってお勧めします。この二つはどちらも粘りが非常にあって散らばらずに、「飛んで曲がらない」といえます。どちらもプロや研修生と話をすると例外なく「いいシャフト」で共通の話題になることが多いシャフトとも言えます。

両方ともグラファイトデザイン社製のシャフトで、ブルーGは正式にはJYSシリーズで、5.5、6.5、7.5は一般に市販されていますが、7.0はプロ支給品で、市販されていません。スペックでは6.5と同じトルク2.8と言われていますが、実際に打ち比べてみると全く違うシャフトと言えます。6.5(X)はヘッドスピード50m/秒くらいで叩くと多少フニャとして右に少しフケてしまうのに比べて7.0(X)は実にしっかりしていて、ビシッと真っ直ぐに飛びます。これをツアステのXドライブ405(低反発)に挿して真冬に315ヤードのパー4をワンオンしたことがありますが、安心して叩けるシャフトといえます。エースドラーバーと3Wに同時に使っていました。
画像


これに対してツアーADのIZ-70Mは6〜7年前にブリヂストンがXドライブ専用に伊沢プロ用に開発したモデルで、当時ブリヂストンの工房で特注で挿してくれていたもので、ライセンス契約の条件などの制限があるらしくてその後追加生産していませんから当時生産した非常に限られた本数を再利用しながら市場に出回っているモデルです。Xはトルクが2.2で中調子となっています。このシャフトをツアステXドライブ350(低反発)に挿して、同じく冬の無風状態で、コンペのドラコンホールで思いっきり叩いて430ヤードのパー4を残り90ヤードまで飛ばして、第2打をAWでピン横30センチに寄せてOkバーディーを取った記憶があります。最初出た頃は黒いシャフトでしたが、その後ネーム面を金色にして少し派手になりましたが、特性は同じです。ドライバーとフェアウェイウッドを何度も差し替えて現在も使っています。
画像


この二つを比較しますと、どちらもバット径(手元)が多少太くてフェースが返り難く、中調子でトルクは各々上述のとおりですが、実際に叩いた感触はIZ-70Mの方がブルーG7.0より弾きがある分だけトルクが緩く感じます。ブルーG7.0のほうが重くてボールが上がりにくく、本当に体力のある人向けと言えます。IZ-70Mの方が弾きがいい分だけ飛んで少し散らばるということかもしれませんが、「フニャ」と曲がることは決してありません。

どちらも時々オークションで出ていますから、買って使ってみるといいと思います。



 ============================
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
71テーマを102ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちらのダウンロードサイトから

ヤフオクでも取り扱っています。
マイ・オークションをごらんください
ヤフオクでのこの商材の評価はご参考までに、こちらです。


サイト内アクセスランキング

@簡単に飛距離アップのスウィングをマスターする方法

A「腰を切る」と「からだが開く」の違い

Bトップの切り返し

Cグリップがなぜ重要か 〜勘違いしてない?

D左手スウィングの簡単な練習方法

E「クラブが立って降りてくる」とは

F左腕主導で腰を切ることのメリット

Gアイアンショットはクラブヘッドをどこに入れてどこに抜いてやるかにある

H飛距離アップのスイング改造が簡単に出来る人と出来ない人の違い

Iゴルフの飛距離は何で決まるか?

J「左腕とクラブの一体化」とは


 ============================


めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」


ゴルフスイングのエッセンスが満載の教材はこれに決まり!
身長166センチで非力の中年アマチュアゴルファーの私は、最近は2〜3ヶ月に1度のゴルフで、練習も殆どせず、筋力トレーニングも全くやらずに、若い頃にレッスンプロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。飛距離は力ではなくスウィングによることを皆さんにお知らせしたくてブログを始めましたところ、短期間で爆発的にアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルにまとめて配布することにしました。このブログはアスリートゴルファー向けというよりは、悩める中年ゴルファー向けのものです。ゴルフで永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パターで打ったボールが気持ちよく転がればいいなと願う方々への一助になればと希望いたします。
1,480円




============================

他人さまの類似商品もアフィリエイトしています。

29,800円  
あなたのゴルフのスコアを素早く18縮める5つの方法

19,800円  
呆れるほどぶっ飛んでしまう 骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!   

19,800円  
元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法

19,800円  
一万人を見てきた熟練キャディーが教える、究極のゴルフ上達法90日間完全返金保障付き

16,800円  
ゴルフが最短距離で上達する方法

14,800円  
ゴルフ7日間シングルプログラム

14,010円  
25年間100を切れなかった超へっぽこゴルファーでもわずか半年で平均30もスコアを縮めた、最短ゴルフ上達法:DVDパーフェクトセット「ティーチングプロの逆襲」

12,800円  
100を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法

9,800円  
スウィングだけじゃない、ゴルフスコアアップの秘訣

1,480円  

めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」
(これは、私のものです)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コースマネジメントの具体例
90が切れないくらいのゴルファーの中に、見ていると殆ど何も考えずに常にグリーン上のピンを狙ってショットをしている人が居ます。いつも簡単なコース設定のクラブでしかプレイしない人は、ピンが常にグリーンのセンター辺りに立ててありますから、たまに難しい設定のコースに行くとメロメロになりやすいですね。 ...続きを見る
ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!
2009/10/18 05:37
シャフトの働き
「ヘッドが走るとは」の項にシャフトがしなってボールを捕らえることを書きましたら、シャフトのしなりを感じたことが無いのでどうしたらシャフトのしなりを得ることができるかの問い合わせを受けました。 もちろん基本的にはヘッドスピードがある程度ないとシャフトのしなりは得ませんが、自分のヘッドスピードの範囲内で自分に合った硬さのシャフトで「しなり」を得るには、ダウンスウィングで左手首を緩めないことです。 ...続きを見る
ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!
2009/10/19 05:44
クラブヘッドに鉛を貼ってみることをお勧めします
アイアンもウッドも殆どフェースの真ん中でボールを捕らえるようになったにもかかわらず、アイアンは比較的ちゃんとボールが飛ぶのにウッドが毎回違ったミスショットになってフック、スライス、トップ、チョロ、チーピン、プッシュアウトと、要するにテンプラとダフリ以外のあらゆるミスショットのどれかが毎回ランダムに起こるという事態に陥った場合は、クラブヘッドに鉛を貼ってみることをお勧めします。このような現象が起こる場合はクラブヘッドが返ってくるタイミングがスイングに合わないケースであることが疑われますので、スイン... ...続きを見る
ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!
2009/10/20 05:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとマニアックなシャフトを二つ ゴルフはスイングで飛躍的に飛ばそう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる