初めての100切りが91!

この情報を読んで2度練習場に行きました。いかに●●でボールに当てに行ってたことに気づきました。どうりで方向がバラけるわけですね。特にドライバーがひどかった。1R平均で6 OB位出してました。でも調子がいい時はハーフ42のときもあり原因がわからなっかた。ようやく原因が理解出来ました。スイングじたいは友人からも綺麗な方だと褒められてましたが、どうしてもインパクトで左肘がひけたスイングでした。まだ完璧ではないですが精度uPに励みます。ちなみに5Iで以前は180yでしたが今では190y行きスイングも力感も抜けスムーズに振っているように見えますとの事(友人談)

画像


コースに行ってきました。この日はただ一つだけ■■に専念しました。結果は初めて100を切りなんと91でした。ドライバーはまだまだですがアイアンが切れまくりでした。OBはドライバーで2発だけでした。(素晴らしいショットが5発で約290-300y)ちょっと興奮してます。本当にありがとうございます。今まで2度ゴルフ情報商材を買った事がありますが、数万円の価値は私にはありませんでした。それでも、今の状態を打破したくて、1480円なら損してもいいかなと思いました。それに、買うにあたり情報を少し見せてくれてたのできめました。素晴らしい内容だとおもいます。やってよかったと思ってます。でもこの内容で1480円は安すぎかな?購入してやって結果が出た人には安すぎですし、やらない人には高価なものでしょう。私には効果てきめんでした。

(以上は頂いたメールから)
画像

         画像をクリックすると拡大して鮮明にご覧いただけます
 ========本文中の隠しキーワードをご覧になるには=========
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
71テーマを102ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちらのダウンロードサイトから

サイト内アクセスランキング

簡単に飛距離アップのスウィングをマスターする方法

「腰を切る」と「からだが開く」の違い

トップの切り返し

グリップがなぜ重要か ~勘違いしてない?

左手スウィングの簡単な練習方法

「クラブが立って降りてくる」とは

左腕主導で腰を切ることのメリット

アイアンショットはクラブヘッドをどこに入れてどこに抜いてやるかにある

飛距離アップのスイング改造が簡単に出来る人と出来ない人の違い

ゴルフの飛距離は何で決まるか?

「左腕とクラブの一体化」とは


 ============================


めがねゴルファー向け!「ゴルフはスウィングで飛躍的に飛ばそう」


ゴルフスイングのエッセンスが満載の教材はこれに決まり!
身長166センチで非力の中年アマチュアゴルファーの私は、最近は2~3ヶ月に1度のゴルフで、練習も殆どせず、筋力トレーニングも全くやらずに、若い頃にレッスンプロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。飛距離は力ではなくスウィングによることを皆さんにお知らせしたくてブログを始めましたところ、短期間で爆発的にアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルにまとめて配布することにしました。このブログはアスリートゴルファー向けというよりは、悩める中年ゴルファー向けのものです。ゴルフで永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パターで打ったボールが気持ちよく転がればいいなと願う方々への一助になればと希望いたします。
1,480円




============================


ゴルフ スイング スウィング 易しいゴルフ ゴルフスウィング ゴルフスイング 体が開く トップスイング 正しいトップスイング ヘッド 走らせる グリップ 左腰を切る 芯をとらえる ゴルフの真髄 ゴルフスウィングの真髄 グリップの握り ダウンスイング 始動 左手スイング ゴルフスイング理論 オーバースイング ゴルフ上達 スイングの秘訣 グリップ違和感 腰を切る プッシュアウト シャフトの硬さ クラブの上げ方 バックライン フェース スライス チーピン ドフック フックグリップ 飛距離 飛距離アップ 打ち方 トップの位置 ゴルフ道具 パター アイアン チューニング 体開く テイクバック テークバック 肩の回し パッティング ドライバー 追い越す 左腕の位置 左腕 左腕主導 腰が切れる ストロンググリップ アウトサイドイン アイアンショットのアドバイス スイング軌道 スウィング軌道 球筋 スウィングの秘伝 スイングの秘伝 バックスイング 飛ばし コツ フック 走らせる オーバースウィング 切り返し 手首 手首を固定 ミスショット 左手折れ パットの打ち方 再現性 スイングプレーン 切り返し ゴルフのグリップ パットの打ち方 筋トレで飛距離アップ スライスはなぜ めがね メガネ 眼鏡 つる テンプル 長さを調整 体重移動 練習 左手の練習 練習方法 ダフリ ダルる ゆっくり バックライン 左手首 上達方法 左手主導 スイング緩み アイアンが急に打てなくなる ゴルフ飛距離の出る バンカー トップする フェースを開く ロフト シャフト挿し方 簡単スイング シャフトが寝 スイング開眼 ゴルフ腰 スウィングの始動 スイング始動 練習用マット スイングをお教え ロール 原因と結果の混同 アイアンショット ルーティン アイアンの飛距離 ゴルフ用めがね スイング改造 フェースを開くとは 正確なアイアンショット 腕クラブを一体 バックスイング 体が開く件原因 左手親指 スライスを直す ドライバー飛距離 300ヤード飛ばす 飛距離を伸ばす 教え魔 左腕を真っ直ぐ伸ばす ダウンスイング ボールを曲げない テンプラ テンプラの原因 トップオブスイング ヘッドスピードを上げる 飛ばない ゴルフスイングの秘伝 左ひじ スイングスピード 眼の錯覚 パットの打ち方 パターの極意 突然の不調 インターロッキング 加速度 頭を残す 手首を返す バンカー脱出 スイングの勘違い 左腕が曲がる アイアン打ち込む 浅地 洋佑 K・アフィバーンラト 李 承晩 五十嵐 雄二 池田 勇太 石川 遼 すし 石垣 市原 弘大 井上 信 今野 康晴 岩田 寛 T・ウィラチャン@宇佐美 祐樹 @J・KJ・ウー @大田和 桂介 小山内 護 尾崎 将司 小田 孔明 小田 龍一 T・オー 甲斐 慎太郎 片山 晋呉 兼本 貴司 上井 邦浩 河井 博大 A・カン P・カーミス R・カールベリ 金 庚泰 金 大? 金 亨成 H・T・キム T・キャロラン A・キュー J・クヌートン 久保谷 健一 S・グリフィス D・グリーソン @B・ケンドール @洪 健堯 @黄 韜 @小西 健太 近藤 共弘 呉 阿順 @櫻井 勝之 @M・サーモンド @謝 継賢 @J・シャーラット P・シーハン @M・ジャガー I・J・ジャン B・ジョーンズ 鈴木 亨 @P・スピアマンバーン @W・スリパットラヌソーン 詹 益信 薗田 峻輔 高山 忠洋 @田中 政佳 谷口 徹 谷原 秀人 K・タニン @田村 光正 D・チア SSP・チャウラシア D・チャンド @TH・チュー 趙 珉珪 J・チョイ 手嶋 多一 L・ディーガン 富田 雅哉 A・ドット 盧 承烈 野仲 茂 白 佳和 原口 鉄也 S・バー K・バーンズ J・パグンサン U・パーク 平塚 哲二 広田 悟 C・ファダンシル 黄 仁春 深堀 圭一郎 藤田 寛之 @藤本 佳則 G・フリント M・フレーザー A・ブライス G・ブラー M・プケイ S・ヘンド M・ヘンドリー 裵 相文 D・ベック S・K・ホ 星野 英正 細川 和彦 M・ボス @J・ポー 増田 伸洋 松村 道央 @松山 英樹 M・ママット 丸山 茂樹 丸山 大輔 P・マークセン 宮里 聖志 宮里 優作 宮瀬 博文 宮本 勝昌 武藤 俊憲 C・ムニヤッパ A・ムラカミ J・K・モー 矢野 東 山下 和宏 @尹 禎湖 @楊 斐皓 横尾 要 横田 真一 A・ラヒリ C・B・ラム S・ラーマン W・リャン E・リー H・リー B・レオン 呂 偉智 C・ロジャース  

この記事へのコメント

マタイ24
2013年05月17日 06:31
ファティマ第三の預言とノアの大洪水について。
ブログを見てください。お願いします。
h ttp://ameblo.jp/haru144/

第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、
アメリカでオーロラが見られました。
また、ダニエル書の合算により、
エルサレムを建て直せという命令が、5月15日だと理解できます。
エルサレムを基準にしています。


2018年 5月14日(月) 新世界      
2018年 3月30日(金) ノアの大洪水      

この期間に第三次世界大戦が起きています。

2014年 9月17日(水) 荒らすべき憎むべきものが
              聖なる場所に立って神だと宣言する
               
2014年 9月10日(水) メシア断たれる     

この期間に世界恐慌が起きています。

2013年 7月3日(水)  メシヤなるひとりの君が(天皇陛下)
2013年 5月15日(水) エルサレムを建て直せという命令が・・・


天におられるわれらの父とキリスト、
死者復活と永遠のいのちを確信させるものです。

全てあらかじめ記されているものです。
これを、福音を信じる全ての方、
救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。

この記事へのトラックバック