テーマ:上達方法

実にシンプルなゴルフのスイング理論

アマチュアゴルファー向けのスイング指導書はプロのスイングの写真を中心にバラバラの説明ばかりで、一貫性が無くて、なぜそれがいいのか論理的に理解できないという不満が私にはありました。そこで、自分自身でスイングを科学的に論理展開してみました。基本となる論理は単純明快で、それを如何に簡単に実行するかを突き詰めてみたのがこれです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイアン名手がダフリを恐れない理由とは

アイアンショットは方向性と距離をいかに正確に実現するかにあります。そのためにはミスの少ない再現性の高い打ち方に勤めることです。方向性を実現するために、ショットをする前に常に>>>>>割愛>>>スクエアにスタンスして、ショットでは●●一体化させてヘッドを●●てやることです。 ●●を▲▲して振ることで、スイング中のヘッドの…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフ上達のうれしい悲鳴です

おっしゃるとうり!!効果が出たのでしょうか?? アイアンがしなるように感じだしここ数日、全く合わなくなりました。これじゃさすがにまずいので購入する事にしました。これ本当の話です。 経過内容は更に長くなりますので控えたいと思います(笑) とにかく本人も周りも変わったと感じ、また 実感しています。 アイアン12万ほどになる…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

70台が夢で無くなったユーザさん

私のゴルフ教本を読まれた方には全員にアンケートをお願いしているのですが、今回お答え頂いた方はゴルフ暦19年で平均スコア105の裸眼ゴルファーだそうですが、「これを見た直後に練習場に行き、数十球打った後です。今までと球勢・高さとも全く異なる打球が連続するではないですか! ・・・・・ 本当にびっくりしました。もっと内容を理解し、続けていけば…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフの開眼はいきなりです!

ゴルフはある時いきなり上達するものです。ゴルフのスイングを根本的に改造したときに、それは起こります。例えば110も120も叩いていた人が、スイング改造をしてある時を境に100を切って90台に入った場合には、それ以降は110も120も叩きません。「理にかなったスイング」に改造すれば、ゴルフのレベルが変わります。もしもあなた長い年月をかけて…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ボールを手で「コネる」メカニズムと解決方法

ボールを捉える瞬間に手でボールを「こねる」と引っかけますが、これを図解で説明しますと以下のようになります。 これに対する反対の言葉は、「ボールを●●で■■■せる」です。 ドラーバーからショートアイアンまで、スタンス時のボールの位置によって、クラブの入り方は多少違いますが、根本は同じです。これに●●が重なると、ナイスショッ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

むちゃくちゃ飛びましたよ!というファンレターです

むちゃくちゃ飛びましたよ!という返事を頂きました。以下、そのまま引用しますと、「この頃 ドライバーの飛距離が落ちはじめ今年になってゴルフの参考書など買いあさっていまして・・・・・・・・(中略)・・・先週の日曜日 むちゃくちゃ飛びましたよ!!! 本文での左手を意識してにドライバーが30~40ヤード(前回最大飛距離270ヤード)伸びていまし…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

スライス・プッシュアウトの原因別対処法

スライス防止、スライス撲滅、スライスを一発で直す、カスリだまを克服する方法・・・などなど皆さんお悩みですが、フォーム改造しないで小手先だけで直すやり方は確かにありますが、あまりお勧めしません。右効きのゴルファーが出だしから右向きでボールそのものは真っ直ぐ飛ぶのは「プッシュアウト」、これに対してサッカーで言うところの「バナナシュート」状態…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

一発でスライスが撲滅できる方法

スイングを修正しなくても小手先だけで簡単にスライスを直す方法があります。これですと一発でスライスが撲滅できます。はっきり言って邪道ですから私はあまり推薦しませんが、私が推奨する「●●●のスイング」を体得するために、ボールをしっかり捉える感覚を養う目的でこれをやるのでしたら、有意義だと思います。 通常のボールの捉え方は、以下ですよね…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ハーフ2オーバーを出しました!

私の商材をご購入いただいて、いきなり結果が出たというお知らせをこのところ立て続けに数件頂きましたので、ご紹介します。 「おかげさまで、目標の 年内90切りを 無事達成出来ました。 今まで、いろいろなマニュアルを手にしてきましたが、それらを今ひとつ習得することが出来ず、90はおろか100切りもおぼつかない状態でしたので、うれしい限…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

右手で構えるとクラブフェースが開きやすいです

よくコースで頼まれてアドバイスしますが、スタンス時にクラブフェースをかなり開いて構えているのに本人が全く自覚していないケースが非常に多いです。本人はスクエアに構えていると思っていますので、本当にスクエアなスタンスに修正すると、「えっ、こんなにフェースを閉じて構えて、いいんですか?」と驚かれます。 右手でフェースを開いて構え…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ボールを捕まえる感覚を養うには

打ちっぱなしで簡単に左腕でボールを捕える感覚をマスターする方法をご教示します。 練習場での秘伝練習場でウェッジを使ってアプローチの要領で打つのがいいのですが、写真のように左手は普通のグリップのままで、右手を>>>>割愛>>>>>握って、ボールを打ってみてください。左腕と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

パターの打ち方

パットの下手な人に「どこを狙ったの?」と聞くと、共通にボールのあった位置とカップの間のどこかを「この辺」と指します。どうも曲線を頭に思い描いて、その曲線の上を忠実にボールを転がそうと意図したようで、もしもそれでボールがカップにポンポンと入るのでしたらその人は天才でしょうが、実際にはそのやり方は非常に難しくて、私がこれまで一緒にプレーした…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

あごを引いて構えるか薄目を開けて構えるか?

先日コースでご一緒したメガネのゴルファーは、ウッドはナイスショットが多いのですが、フェアウェイからのアイアンがことごとくシャンク気味でした。このような症状の方へのワンポイントアドバイスとして、スイングを修正するよりは、先ずスタンス時にあごを引いて構えるとある程度シャンクが直ることがよく有ります。逆にフェースの先に当たって仕方が無い人は、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

プロのゴルフ教本への私の不満

アマチュアゴルファー向けのスイング指導書はプロのスイングの写真を中心にバラバラの説明ばかりで、一貫性が無くて、なぜそれがいいのか論理的に理解できないという不満が私にはありました。そこで、自分自身でスイングを科学的に論理展開してみました。基本となる論理は単純明快で、それを如何に簡単に実行するかを突き詰めてみたのがこれです。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

練習場に100回通うよりは、理にかなったスイングで一度練習してみる方が有効

このブログでは一貫して「理にかなったスイング」をテーマにしていますが、理にかなったスイングとは言い換えますとシンプルで反復可能性が高くて、理屈で納得できるスイングと言えます。複雑で繊細な調整は殆どせずに、大きな太い筋肉を使って単純にできて、しかも体のエネルギーを100%効率的にボールに伝えることのできるスイングでもあります。結果的に、「…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

直線的に伸びるパッティングの打ち方

タマ足が伸びるパットの打ち方のコツは、打った後●●を▲▲に■■るとよいです。長いパットで普通なら止まりそうな勢いのときにススーッとタマ足が伸びて直線的にカップに届く現象をいいます。          画像をクリックすると拡大して鮮明に見えます パターの下手な人は、打った瞬間に●●てしまうという共通点があります。パターで大…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

もしも毎ショット全く同じミスでしたら・・・・・

今から10数年前に、私がただ我武者羅にゴルフをやっていた頃、しばらくの間スランプに陥ったことがあります。スイングをどう修正してもクラブフェースの真ん中で上手くボールを捉えられない。他人に「どうしてだと、思います?」とアドバイスを求めると、各自スイングについて「ここぞ」とばかりいろいろとアドバイスをしてくれるのですが、どれをやってもうまく…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフ上達にはポイントは2つですが、絶対に守るべき順序があります

「速く泳ぐ泳ぎ方を教えてください」と頼まれてクロールを教えるのですが、クロールの秘訣は「顔を水につける」のと「腕を交互に出す」の二つだといくら注意しても顔を水につけられなくて「犬かき」状態なのに、本人はクロールで泳いでいるつもりで居て「速く泳げない」と文句を言います。「それはクロールじゃなくて、犬カキですよ!」といくら言っても顔を水につ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

スライスが一発でとまります!

スイングを修正しなくても小手先だけで簡単にスライスを直す方法があります。これだと一発でスライスが撲滅できます。はっきり言って邪道ですから私はあまり推薦しませんが、私が推奨する「●●●のスイング」を体得するために、ボールをしっかり捉える感覚を養う目的でこれをやるのでしたら、有意義だと思います。 通常のボールの捉え方は、以下ですよね。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフのスイングにも「懐が深い」のとそうでないのがあります

相撲で「ふところが深い」という言葉がありますが、ゴルフのスイングにも「懐が深い」のとそうでないのがあります。懐の深いスイングで有名なのは、アーニーエルスではないでしょうか。私のゴルフ仲間のシングルさんにも非常に「ふところの深い」スイングフォームの方が居ますが、球筋が安定していて曲がらないという特徴があります。ポイントを絵にするとこれでし…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフの上達は、不連続です

ゴルフはあるときいきなり上達するものです。ゴルフのスイングを根本的に改造したときに、それは起こります。例えば110も120も叩いていた人が、スイング改造をしてある時を境に100を切って90台に入った場合には、それ以降は110も120も叩きません。「理にかなったスイング」に改造すれば、ゴルフのレベルが変わります。もしもあなた長い年月をかけ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

いきなり凄いスコアが出ました!

私の商材をご購入いただいて、いきなり結果が出たというお知らせをこのところ立て続けに数件頂きましたので、ご紹介します。 「おかげさまで、目標の 年内90切りを 無事達成出来ました。 今まで、いろいろなマニュアルを手にしてきましたが、それらを今ひとつ習得することが出来ず、90はおろか100切りもおぼつかない状態でしたので、うれしい限…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

プロや研修生が入りびたっている工房での話

東京の麻布あたりだそうですが、プロや研修生が入り浸っているゴルフ工房があるのだそうで、以前そこに通っていたという人に私の商材を見てもらいましたところ、開口一番「あそこに、行ったことがあるんですか?」で、私の商材の内容とそこでプロや研修生に言われたことと非常に似た部分がたくさんあるのだそうです。一般に市販されているゴルフのレッスン書には書…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

シャフトをしならせるコツ

「ヘッドが走るとは」の項にシャフトがしなってボールを捕らえることを書きましたら、シャフトのしなりを感じたことが無いのでどうしたらシャフトのしなりを得ることができるかの問い合わせを受けました。 もちろん基本的にはヘッドスピードがある程度ないとシャフトのしなりは得ませんが、自分のヘッドスピードの範囲内で自分に合った硬さのシャフトで「しなり…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ユーザ・アンケートの結果です

販売開始してちょうど1年経過しましたので、ユーザの皆様にアンケート調査を行いました。(ご協力いただきました方々に改めて御礼申し上げます)   お蔭様で79名の方々からご回答を頂きました。今回ご回答を頂きました方々は、平均ゴルフ暦15年、平均スコア94で、メガネのゴルファーが65%居られました。最もローハンディの方はゴルフ暦30年…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ヤフオクの「非常に良い」評価が100を超えました

このブログでゴルフ上達法商材の販売を開始して1年経ちましたが、ヤフオクでも同じ商材を出品していたのが「非常に良い」の評価が100を超えました。特に目立つのは、他の高価なゴルフ上達法の商材を買った人が「こっちの方がいい」と評価してくださったことです。画像をクリックすると別画面で拡大して鮮明に見れます。 このブログを始…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ユーザ様の声 その3

三重のMさんから頂きました。過分の褒め言葉を頂戴して、お尻がむず痒い気持ちもしますが、ご紹介させていただきます。非常に光栄です。 ============================== 当方、ゴルフを始めて4年 今ハンディが17なのですが、毎日 目を通し頭に叩き込み練習に行っています! 左腕の大切さが凄く分かりました。 …
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

トップの切り返しは「左腰を切る」から

何度も書きましたが、飛躍的に飛んで曲がらないタマを打つにはトップの切り返しは、「左腰を切る」ことから始動します。             画像をクリックすると拡大して鮮明に見れます そのときに大事なのは、■を伸ばしたまま●●に(▲に向けて)★★ることです。 ●の始動と▲の始動が同時ですと、フックかチーピンが出ます。…
トラックバック:122
コメント:0

続きを読むread more

手首は返さずロールさせる ~簡単にフックを打つ方法

「頭を残せ」は間違い!でも書きましたが、「手首を返しなさい」も間違いです。実際には、左手をウッカリ返らないようにと腐心し、気の緩みの無いようにしているのが実態です。 よく「手首を返すって、こうするの?」と下図のような動作で質問を受けます。分かりやすくするために、腕時計と親指の印をつけました。        画像をクリックする…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more