テーマ:ゴルフ

シャンクが止まらなくなったら: 『シャンク病』対策

ある程度ゴルフを本格的にやった人は、多かれ少なかれ、一度は『シャンク病』にかかったことがあるものです。ボールがアイアンクラブのソケット近辺に当たって、低く右に出て行ってしまい、スコアにならなくなります。特に、つま先上がりのショットやラフからのショットで起こりやすい人は、要注意です。 ひどいシャンク病になると、何をやっても直りません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドロー用に鉛の貼り方

めがねの微調整を実行して(もしくはめがねゴルファでない人でも)アイアンもウッドも殆どフェースの真ん中でボールを捕らえるようになったにもかかわらず、アイアンは比較的ちゃんとボールが飛ぶのにウッド(ドライバー、フェアウェイウッドからユーティリティまで)が毎回違ったミスショットになってフック、スライス、トップ、チョロ、チーピン、プッシュアウト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左手の親指で球筋をコントロール

グリップが非常に大事と以前書きましたが、親指の当て方が重要です。絵のように左手親指を長くグリップに当てればボールへの当たりが薄くなりますし、短くするとターフが深くなってフックが出やすくなります。この当て方は毎回グリップするごとに非常に微妙ですから、特に気をつけることです。        画像をクリックすると拡大して鮮明に見れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルフで左右の手のグリップ方法の違い

おそらく初心者の頃に誰もがゴルフで悩むことのひとつに、スタンスでの左腕のつっかかりが有ると思います。そもそもの素朴な疑問は、左右の腕の長さは同じなのに左手でグリップの手元を握って右手でグリップの先を握るとどうしても左肩が開いてしまう筈なのにどうしてスクエアに構えられるか? 当然の、疑問ですよね! しかも、モノの本には右腕は曲げてもいいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラウンド中の不調で、先ずチェックする3ポイント

ショットしようとしている同伴プレイヤーを脇から見ていて、どう見てもピンの方向を狙っていないように見える場合が時々あります。案の定、結果は違う方向にミスショットをして「どうしてだろう?」という顔をしているので、「そりゃあなた、最初から全然違う方向を向いていましたから、構えていたとおりにボールが正直に飛んだんですよ」と解説してあげます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイング改造するなら何よりも先ず距離を優先

練習場でのフォーム改造ではナイスショットよりも先ずは『飛距離アップ』を優先すべきです、もしも貴方が身長166センチ体重68キロもしくはそれ以上あって飛距離がコンスタントに250ヤード飛ばないのでしたら。なぜならば、飛距離を伸ばすには「理にかなったスウィング」をしなければならず、理にかなったスイングをすれば結果としてコンスタントにナイスシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左手首を固めるのがナイスショットのコツ

ボールをしっかり捕らえられない人のために、更に秘訣を伝授します。ボールが捕えられない理由の多くは、ボールを捕える瞬間に●●●てしまうことによります。ストロンググリップ(フックグリップ)で構えると、かえってそのようになりやすいようです。 簡単にボールをとらえる極意確かベンホーガンの「モダンゴルフ」(半世紀にわたるベストセラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいスイングとダメなスイングの簡単な見分け方

あなたのスイングは、下図のどちらのフィニッシュの形をしていますか? 自分のスイングはなかなか分からないものですが、練習場では他人のスイングがどっちなのか、その球筋と比較してじっくり観察することを是非お勧めします。「他山の石」で、見ているだけで自分が何をすべきか分かって、じゅうぶん練習になるでしょう。 言うまでもなく、A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛ばない人は「手」から降ろすが、飛ぶ人は「腰」から切り返す

飛躍的に飛んで曲がらないタマを打つにはトップからダウンスイングの切り返しは、「左腰を切る」ことから始動します。             画像をクリックすると拡大して鮮明に見れます そのときに大事なのは、■を伸ばしたまま●●に(▲に向けて)★★ることです。 ●の始動と▲の始動が同時ですと、フックかチーピンが出ます。★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左手の上手な使い方

「頭を残せ」は間違い!でも書きましたが、「手首を返しなさい」も間違いです。実際には、左手をウッカリ返らないようにと腐心し、気の緩みの無いようにしているのが実態です。 よく「手首を返すって、こうするの?」と下図のような動作で質問を受けます。分かりやすくするために、腕時計と親指の印をつけました。        画像をクリックする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャフトをしならせるコツ

「ヘッドが走るとは」の項にシャフトがしなってボールを捕らえることを書きましたら、シャフトのしなりを感じたことが無いのでどうしたらシャフトのしなりを得ることができるかの問い合わせを受けました。 もちろん基本的にはヘッドスピードがある程度ないとシャフトのしなりは得ませんが、自分のヘッドスピードの範囲内で自分に合った硬さのシャフトで「しなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダフらない構え方

ダフリとトップを克服するためのスイング修正方法を書きましたが、スイングを修正する前に先ず最初に対処すべきなのはスタンスのチェックです。つま先体重で構えるとダフリやすくなりますし、かかと体重で構えると当たりが薄くなってトップやチョロをしやすくなります。 この現象を意図的に使って、例えば水越えのショットでトップしてもいいけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラウンド中のスイングチェック方法

プレイ中に修正してよいのは3つだけは、実際に私が20年余にわたり有効であると確信して実践していることです。コース上では、先ずこれらをチェックすべきで、これらをやる範囲内ではスイングがガタガタになることは、ありません。私自身、コース上で不調の同伴競技者からアドバイスを求められた場合には、この3点について気づけばアドバイスすることにしていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンのどこを狙うかでスコアが大きく変化します

90が切れないくらいのゴルファーの中に、見ていると殆ど何も考えずに常にグリーン上のピンを狙ってショットをしている人が居ます。いつも簡単なコース設定のクラブでしかプレイしない人は、ピンが常にグリーンのセンター辺りに立ててありますから、たまに難しい設定のコースに行くとグリーン周りで大叩きしてメロメロになりやすいですね。 このブログで初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイアンショットではボール位置はどこが正しい?

ゴルフスイングの基本中の基本のはずなのに、プロの教本でも明確に意見が二つに分かれていて我々アマチュアがビギナーの頃から迷ってしまうのが、ボールの位置と右足の場所についてです。絵のように、ボール位置をクラブが短くなるにつれて少しずつ内側に入れていく考え(パターン①)と、ドライバーからショートアイアンまで全部左足かかとの内側の前に固定して動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラットなスイングとアップライトなスイングの是々非々

誰もが一度は悩んで、しかも正解がどこにも書かれていないのが、スタンスした際のボールとの距離感です。身長や腕の長さだけでなく、構え自体も人それぞれですから、ボールからどれだけ離れて立てばいいのか、正解は無くて、自分に一番ぴったりしそうなのがいいのだと思います。 但し、スウィングにはいわゆる「フラットなスウィング」と「アップライトなス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5番アイアンで180ヤードが当たり前になるには

5番アイアンで150ヤードしか飛ばない人が、180ヤード以上真っ直ぐ飛ばしてピンに絡むショットを目指すのは、決して夢ではありません。幾つかの単純な道理を理解して実践するだけで、ゴルフの中身が飛躍的にグレードアップするでしょう。今までの自己流を捨てて、新しいスイングに挑戦する勇気が持てるかどうかにかかっています。真に決意をした方へご提供し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トップは浅いほど、吹き上がらず風に強い球筋になります

これまで利き腕中心にスウィングしていた人が私のアドバイスを受けて逆利き腕のスウィングに切り替えた際に、トップの位置が浅くて不安になることを共通に訴えられます。これは当然であって、そもそもそのトップの位置があなたのスウィングの「あそび」無しの実力値というわけです。一般的に、★で作ったトップは■に比べて握り拳ひとつ分くらい浅いはずです。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見違えるような球筋を、あなたも実感してみませんか?

おっしゃるとうり!!効果が出たのでしょうか?? アイアンがしなるように感じだしここ数日、全く合わなくなりました。これじゃさすがにまずいので購入する事にしました。これ本当の話です。 経過内容は更に長くなりますので控えたいと思います(笑) とにかく本人も周りも変わったと感じ、また 実感しています。 アイアン12万ほどになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見違えるようなゴルフの内容改善できました

数回の練習後、ラウンドしました。 <<<中略>>> 打球の弾道は、わずか数日でここまで変わるのかと驚きです。今までもレッスン書で読んだり見たりしてきたことなのに○○さんのイラストによって私の脳がやっと理解したようです(クロールのたとえ話は身にしみました)また、身体もドリルを繰り返しているうちに徐々に馴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘソと一緒にてを動かす

ダウンスイングで「腰を切る」がどうしてもできない人が居ます。そのような人はクラブを■■ていて、そもそも「★る」だけの「腰が回っていない」ケースが殆どです。「腰が回る」はセットアップからトップまでの動作で、「腰を切る」はトップからフィニッシュまでの動作です。結論から言えば、「腰が回って」いないと「腰を切る」ことはできません。よくレッスンプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者がスライスのでる一番の理由

練習場で初心者の方が必死になってスライスを治そうと、極端なグリップストロング(フックグリップ)をしているのにスライスばかりしているのを見かけることがよくあります。ゴルフの教科書にはどれも「スライスを直すにはフックグリップ」と書いているのに、逆にスライスがひどくなる一方で、訳が分からずにただ我武者羅に練習しているのは見ていて気の毒ですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70台で回るには、ボギー止まりで寄せワンで稼いで、大叩きしないこと

70台で回る実力とはどの程度かのお話です。それは、3ホールごとにスコアをリセットしてコースを回るのですが、3ホールに1回だけパーオン2パットの完璧を目指すのです。残りの2ホールは、1ホールに1回だけミスショットを想定してボギーオンで構わないのですが、大事なのは2回に1回は寄せワンを自分に課します。「ここでパットが入らないと、ズルズル崩れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボールを左に置くからダルり易い

私の場合、アプローチで大ダフリをした時はだいたいボールを左に置きすぎているように思います。足のスタンスでボール場所を決めているのですが、体重のかけ方や背筋の右への傾け方でボール位置があごの下から左に大きくずれていたりすると、アイアンのザックリが起こりますね。特に、ヘッドを抜く方向をいい加減にすると、ダフリ易いように思います。理にかなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクエアに構えるにはベルトのバックルによる確認

私の場合、シャンクの原因は最近ほとんど一つだけです。それは、体を開いてスタンスしてしまうことによります。実際には通常よりもボールに近いスタンスなのに、からだが開くとそれに気付かずに結果的にヒールやソケットに当たってシャンクします。ボールに近く立ってしまって左腕のひじを伸ばすと体が開くのもありますが、むしろ肩の線はスクエアなのにベルトが正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然変異のゴルフスイング大進化を実感

ゴルフ歴19年、平均スコア105の方から、「これを見た直後に練習場に行き、数十球打った後です。今までと球勢・高さとも全く異なる打球が連続するではないですか! ・・・・・ 本当にびっくりしました。もっと内容を理解し、続けていけば70台は夢ではないと思います」との嬉しいコメントを頂きました。      画面をクリックし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイングの緩みとグリップの緩みの違い

プロの試合を見て凄いと思うのは、スイングが緩まずに「飛ばないスイング」ができていることだと思います。きちんとフルスイングを、ゆっくりとしかも緩まずに出来るのは、「理にかなった正しいスイング」をしているのに加えて日頃の鍛錬の賜物だと感嘆します。私のように練習場には殆ど行かずにコースに出るのも月イチ以下のペースのゴルファーには、とても真似が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛ばし屋のスイングの特徴

ゴルフ仲間のあいだで自他共に「飛ばしや」と認めている人と初めてコースを回ることがありますが、「それじゃ折角ですので今日はバックティーからお願いします」といってすんなりご一緒してくれる人はあまり居ませんし、ご一緒して本当に飛ばしやの部類の方は、案外少ないものです。本気で飛ばしあいをすると、私のほうが70ヤードから下手をすると100ヤードく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンカーショットはこうやると上手くいきます

同伴した人にアドバイスしましたら途端に上手くなりましたので、改めてバンカーショットのコツを書くことにします。 1)フェースを「開いて」ハンドダウンして構える。単に左手の甲を上に向けるのではなくて、左手の甲が左を向いてもフェースが上を向くようにグリップしなおしてフェースを「開く」。下手な人は開き方が少ない人が非常に多い。あごの高いバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいスイングはシンプルで綺麗

理にかなったスイングを実践すると、最も効率的にスイングのエネルギーをボールに伝えるために、体の無駄な動きが無くなります。逆に言うと、無駄な動きはその分だけエネルギーロスになりますから、その分がスイングの「汚さ」になる訳です。理にかなったスイングをすれば、ゆっくり振っても、きれいなフォームでそれなりによく飛びます。自己流のスイングからでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more